クラウドサーバーとレンタルサーバーとVPSとの違いは?(サーバー選択の基礎知識)

cloud-server

この記事の視点:中小企業のWebサイト構築や個人のWebサイトニーズに向けの記事です。

ホストとサーバーの違い

ホストとサーバーの違い

サーバーもホスト(ホスティング)も物理的にはコンピュータであり、サーバーという言葉はソフトウェアの概念に近いことに対して、ホスト(ホスティング)はもっとハードウェに近い概念です。

特定のソフトウェアを搭載し、ネットワーク上の他のコンピュータに情報サービスを提供するホストコンピュータを「サーバー側」、ブラウザなど情報の受信をして、ユーザーとのやりとりをするソフトウェアを「クライアント側」と呼ぶことにしています。

サーバーパソコンとホスティングは一般のパソコンとは異なる特性を持つことになる。サーバーは多数のクライアントにネットワーク情報サービスを提供することが求められるため、24時間体制が基本的に必須で、安定性や性能面でも一般的なパソコンよりも高く求められています。

サーバーや関連サービスの取捨選択に関しては、通常、ホストという言葉は常にサーバーを指すことに使用されてます。

クラウドサーバー、仮想サーバー(レンタルサーバー)、VPSの違いについて

この3種類のサーバーを紹介する前に、最も直感的に理解できるのは恐らくスタンドアローンサーバー(独立型サーバー)というタイプです。 一般的には、適切なPC機器を購入し、経営側自身のニーズによって配置、使用、メインテナンスを行います。

しかし、多くの企業にとって、この方法は専門性に欠ける同時に、経済的にも悪いです。大規模なハードウェアと専門的な管理能力を持つクラウドサーバーやホスティングサービスを選択するのがもっと一般的です。「クラウド」と言うのは物理的なサーバーを需要側が保持する必要がないのです。

この3つの概念は意味が非常に似ていて、語彙的な観点だけで言えば、「クラウドサーバー」>「仮想サーバー」>「VPS」という包括的な関係があると思います。個人ブログのウェブマスターがよく使っている「レンタルサーバー」は実は「仮想サーバー」です。

日常的なおしゃべりや産業界では混ぜて使うことが多く、意図的に区別していない場合も多いので、複数の概念が入り込んで混乱も時々生じます。

大手のクラウドサーバー事業者でも、わかりやすくするために、あえて諸概念を区別せず使用するところもあります。

例えば、Amazon awsのサイトでは、製品ナビゲーションバーにAmazon EC2を「クラウド上の仮想サーバー」と表現していますが、ちゃんとしたハイエンドのクラウドサーバーになっているので、一般的な仮想レンタルサーバーだと理解だと考えれば間違いです。

aws EC2

また、上記の包括関係は、あくまでも言葉の意味の広さを考えて、私個人的に分けてみたたものです。 実際のパフォーマンスや可用性に基づいて、クラウドサーバーやVPSを上位に、仮想サーバーを下位に置くことも正確です。

ウェブサイトのホスティングサービスを選ぶ際には、3つのうちどれを選ぶかについて注意する必要があります。 ホスティングサービスの公式サイトでは、この3つの項目がそれぞれサーバーの種類に対応しています。時には、小規模なホスティングプロバイダーの中には、これらの概念について意図的に曖昧にして、製品をアピールすることも多発ですから、それぞれの意味と違いを理解するうえで、見分けることが必要です。

本質的に三つの違いを見抜くために、aaS(as a Service)の視点から捉えるほうが非常に役立つと思います。個人的に下のように分けるほうがいいと思います。

  • クラウドサーバー:IaaS、PaaS
  • VPS:PaaS、SaaS
  • 仮想サーバー:SaaS

次は一つずつ見ていきましょう。

クラウドサーバー(クラウドホスティング)

クラウドサーバーのサービス、プラットフォームの各クラスターノードは、インターネットの主要データセンターに配置され、コンピューティング、ストレージ、オンラインバックアップ、ホスティング、帯域幅などのインターネットインフラサービスを独立して提供することができます。

クラウドサーバーのサービスでは、2つの主力製品があります。

  • 中小企業ユーザーや個人ユーザー向けのクラウドサーバーのレンタルサービス
  • 中・大規模インターネット企業向けのコンピューティングプラットフォーム、インフラ

クラウドサーバーは、弾性的で柔軟な処理能力を持ち、シンプルで効率的、安全で信頼性の高いコンピューティングサービスをユーザーに提供するものです。優れた弾力性や拡張性を持つのは、後述する2種類のウェブサーバー、VPSを区別する最大の特徴です。クラウドコンピューティングサービスの分野で世界中にかなりの実力を誇っているインターネット企業は主にアメリカと中国にあります。

クラウドサーバーの名称について、Amazon awsの製品はEC2という名で、アリババとファーウェイはECS、テンセントはCVM、バイドゥはBCCと名称が異なります。

アリババクラウドサーバー

主に以下の面で柔軟性m弾力性の備わったサービスを提供しています。

  • ホスティングサービス配置や事業規模は、ユーザーのニーズに合わせて設定し、柔軟に調整することが可能です。
  • ユーザーから依頼されたサービスを迅速に提供・展開(オンラインによるリアルタイムな開通・調整)
  • 柔軟な課金方法

ユーザーはリモートメンテナンスを容易に行い、サーバー上にシステムやソフトウェアを自由に配置することができます。ハードウェアは他のクラウドサーバーから完全に分離された状態を実現することも可能です。 ハイエンドサーバーの導入環境では、ホストのパフォーマンスが強く、全体的なパフォーマンスはVPSや一般の仮想サーバーよりはるかに高く、多くの専用サーバーよりも優れています。ユーザーの事業規模が拡大した場合、円滑な事業拡大だけでなく、事業能力の急速な拡大を達成することもできます。

つまり、クラウドサーバーは、サーバーのハードウェア資源を専有し、高い可用性を持ち、拡張性・スケーラビリティに優れています。

 

VPS(仮想専用サーバー)

VPSはVDS(Virtual Dedicated Server)とも呼ばますが、Virtual Private Hostingと呼ぶ方がしっくりくるでしょう。仮想化技術を使って、物理サーバーを複数の仮想専用サーバーに分割するサービスです。

Windows-VPS

各VPSには、独立したIPとOSを割り当てることができます。 ハードディスク、メモリー、CPU、システム構成、プロセスなどのリソースを異なるVPS間で分離し、コンピュータのリソースを独占的に利用しているような疑似体験が完全可能です。多くの面では、機能的には専用の物理サーバーとはほぼ同等であります。

しかし、仮想サーバーは、基盤となる物理ハードウェアなどのリソースを他のVPSと共有するため、リソースを共有する仮想マシンの全体的な作業負荷によっては、パフォーマンスが低下する可能性が排除できません。 同じサーバーマザーにある個々のVPSは互いに独立していますが、市販されているほとんどのVPSは帯域を共有しており、そのうちの1つが攻撃されたり広帯域リソースを多く占めたりすると、残りのVPSにも影響が及びます。

要約すると、独立性と可用性は高いが、帯域幅などの共有サーバーリソースの制約を受ける可能性が排除できません。

VPSには「非マネージド」と「フルマネージド」の2種類があります。 アンマネージドVPSは、OSとソフトウェアのみを自分でインストールするベアメタルのマシンと同等のものです。 フルマネージドVPSには、必要なソフトウェアがすべてプリインストールされています。 デメリットは、プリインストールされているソフトを調整できないため、自由度が低いことです。

  • 非マネージド:PaaS
  • フルマネージド:SaaS

仮想サーバー(仮想共有サーバー、レンタルサーバー)

仮想サーバー、またはVitual Machineとも呼ばれ、複数のウェブサイトやサービスを1つのホストまたはホストグループで実行できるようにする技術です。仮想とは、ハードウェア、システムとシステムなどが1台のサーバーまたは共有のサーバー群をベースにしていることを意味します。

サーバーのハードウェア資源を最大限に活用するため、サーバーのサービス内容の1つまたはすべてを複数のサービス単位として分割し、ハードウェアコストを節約する技術を用いています。

換言すれば、同じ物理ホスト上、同じOS上で、複数のユーザーのために異なるサーバープログラムが動いており、それらは互いに独立していて干渉しません。一方、個々のユーザーはIPアドレス、ファイルストレージ、メモリー、CPUなどのサーバー資源を共有していますが、外見上は複数のサーバーとして表現されます。 また、仮想サーバー、ユーザーに独立としたIPを提供することが可能です。

仮想サーバー

仮想サーバーは、主にHTTP、FTP、EMAILなどのサービスに利用されます。

仮想サーバーの親マシンは、通常、数百または数千のウェブサイトをホストすることができます。 ウェブサイトが多くなればなるほど、親サーバーのリソースを共有する人が多くなります。それぞれのユーザーが利用できるリソースも不十分になる傾向です。

仮想サーバーには、まず、クラウドサーバーやVPSよりもはるかに安価で、VPSやクラウドサーバーよりもシンプルで直感的に操作・管理できる裏がある、などのメリットがあります。初心者ウェブマスターや小規模なサイトにとっては親しまれやすいものでしょう。

実際、仮想サーバーのサービスを提供する有名ブランドを利用すれば、このタイプのサーバーがサイトの成長に与える制限について、あまり心配する必要はありません。 また、安全対策の面でも、自らセキュリティ施策を行わないといけないクラウドサーバーとVPSと比べると、仮想共有サーバーの面がより簡単です。

クラウドサーバー、VPS、仮想サーバーをもう一回比較

サーバーのリソースとは何か、サーバーを選ぶ際に見るべきパラメーターは何か

この3つを横並びで比較する前に、サーバーを購入する際に知っておくべきパラメータを改めて確認することで、確実にアクセスできるサーバーリソースを決定しておきましょう。 冒頭で述べたように、サーバーは基本的にコンピュータですから、利用できるリソースは通常のコンピュータとはあまり変わりがありません。 基本的には以下の通りです。

  • CPU:中小規模のサイトではシングルコアで十分、2コア以上ならなお良し
  • メモリ:可能な限り2G以上のメモリを選択するようにします。
  • ハードディスク:中小規模のサイト(複雑なWebアプリケーションはない)基本的に10Gで十分です。
  • システム:通常はLinux、Windowsなどもある
  • 帯域幅:基本的にサイトの90%は1MBの帯域幅でまかなえますが、CDNを設定することでさらに帯域幅の占有を抑えることができます
  • 独立したIPかどうか:SEOを考慮し、独立したIPを選択したほうがいいです。共有IPは、同じIPの下にあるほかのサイトの悪行によって巻き込まれる可能性がある。

仮想共有サーバーを提供するサービスは普通に、CPUとメモリーのスペックを明確に記述しません。

クラウドサーバーとVPSの比較

  1. クラウドサーバーは、ほとんどがサーバークラスタをベースとしており、ハードウェアの冗長性が高く、故障率が低い。VPSは、ハードウェアの冗長性が低く、問題が発生しやすい。また、その物理マシンが問題に影響されることに加え、仮想化技術も問題に影響されることがある。
  2. クラウドサーバーは、同じ規格の独立型サーバーの数倍の演算能力を持っています。ハイパフォーマンスコンピューティングの要件を満たすことができます。
  3. クラウドサーバーは、コンピューティング、ネットワーク、ストレージなど様々なソフトウェアとハードウェア技術を統合したクラウドコンピューティング技術を利用しており、スケーラブルで柔軟な拡張が可能です。VPSは仮想化ソフトウェア技術のみを使用しており、クラウドサーバーと比べると柔軟性は圧倒的に劣ります。
  4. また、VPSは通常、帯域を共有しますが、クラウドサーバーは独立した帯域を持ちます。

一方、現実には、中小規模のサイトでは、信頼性の高いVPSを選ぶのも、クラウドサーバーを選ぶのも、実際の使用感やWebサイトの体感ではあまり差がありません。

VPSと仮想サーバーの比較

VPSと仮想サーバー

一方、上の表を見て、「共用ホスティングは無駄だ」という誤解を入力しないようにお願いします。 信頼できるブランドを選べば、中小規模のサイトでは共用ウェブホスティングを選択するのも悪くないでしょう。

VPS仮想共有サーバー
メモリー独立共有
SSD独立共有、独立可能
CPUすこし制限あり制限が多い
帯域幅共有が主流が帯域幅保護つきが普通共有
スピード速い割合に遅い
隔離性良い悪い
安定性普通は良い悪い
機能制限少ない多い
操作性、柔軟性柔軟性いい悪い
簡易性割合に複雑簡単
機能充実さ自由にカスタム可能簡素
IP共有と独立ともいい通常は共有
拡張性拡張しやすい拡張性が悪い
ハードルちょっと高い低い
性能良い割合によくない

その代表的な例が日本で、個人のウェブマスターの間で共有ホスティングの利用が非常に広まっています。仮想共有サーバーの性能は絶対にVPSより低いとは言い切れないです。実は適切な仮想化技術を運用することで、性能が確保される同時に、操作の簡単さと安全対策がVPSに負けない事例もたくさんあります。

まとめ

もちろん、条件があれば、やはりクラウドサーバーの購入を考えたほうがいいと思います。例えば、アマゾンのような米国のクラウドコンピューティングサービスブランドが良いです。

VPSや仮想サーバーよりもクラウドサーバーの方がコストは高く、前者の2つは同程度のコストであることもあります。小さなサイトはVPSや仮想サーバーで十分ですが、ウェブサイトをより大きく、より強くしていこうと思うのであれば、その後のウェブサイトの引っ越しに備えて、事前にウェブサイト移行の知識を蓄えておく必要があります。