【コスパ高い!】キーワード調べなど全般的なSEO管理分析の機能が揃ったSE Rankingについてレビュー

SE Ranking

SEO代行のエージェント、またはサイトの成長を速めたいブロガーにとっては包括的なSEO分析機能が揃ったツールが不可欠だと思います。しかし、こういったSEOオールインワンのツールは常に高額なので、ある程度を持つ法人でなければ、導入の負担が大きいと言えます。

SE RankingはAhrefs、ミエルカのような大手ツール並みの機能を有する同時に、数分の一の価格で始めることができます。完備な機能と超高いコスパで、小企業や起業家のどちらかにとっても、長期にわたる導入を検討する価値があります。しかも、新機能が実装し続けています。

本記事はSE Rankingについてのレビューと基本的な使い方の紹介です。見ていきましょう。

SEOオールインワンツールとSE Ranking

オールインワンのSEO分析管理ツールが持つべき機能

まず全般的にSEO管理分析を行うツール、つまりSEOオールインワンツールの共通機能をみましょう。企画、施策から効果をモニターするまで、SEOオールインワンツールは各段階で詳しいデータを提供するはずです。

  • キーワード調査:キーワードのおよび関連ワードについて検索ボリュウーム、難易度、上位SERPなどのデータを詳しく提供
  • 被リンク調査:自分または競合サイトに対して、外部リンクのソースとなるドメインとページのレポートを詳しく提供
  • 検索順位チェック:自分または競合サイトに対して、ランディングの各キーワードとその最新の検索順位および変動状況を詳しく提供
  • 競合相手調査:上記キーワードとバックリンクに加え、任意のサイトを巡るドメインパワー、トラフィックなど詳しい情報を提供
  • SEO診断:サイト全体をクロールして、テクニカル状態も含んでSEO健康得点と改善すべき問題点についてのレポートを詳しく提供

代表的なツールにはAhrefs、SEMRush、ミエルカ、DemandMetricsがあります。主なツールの形は手軽に利用できるSaaSのWebツールで、料金体制は月払いのサブスクが主流です。

SE Ranking

参照リンクSE Rankingの日本語ホームページ

同じくSEO管理分析の統合型のツールとして、SE Rankingは機能の完備さ、使い心地の良さ、手ごろな価格の面で評価に値すると思います。また、海外ツールとしてインターフェースが地道に日本語に訳されている点もありがたいです。

親会社は株式会社アレグロマーケティングです。世界中600000以上のユーザー数を誇っています。一番のメリットというと、整備された機能を持つ同時に、サブスクの料金は安価でコスパが非常に高いという点です。

一般的には日本のSEO管理ツールのブランドにする場合、月額で100000円超の料金がかかって初期費用も常に必要です。海外の大手SEOツールはもっと安く始められると言っても、一ヶ月で数万円くらいはかかります。SE Rankingはなんと月額3000円程度の料金で利用できます。料金は大手ツールの数分の一です。

では、果たして利用価値は大きいか、続いては各機能とレビューを詳しく見ていきましょう。

SE Rankingの機能レビューと大体の使い方

SE Rankingの各機能をよく理解するために、ツールのメイン画面に入って各機能を試してみるのが一番速い方法です。お持ちのGoogleアカウントでワンクリックでサインアップすれば、14日の無料トライアルを始め、ツール画面に入れます。

その主要な機能はツールのグローバルメニューから分かれます。

SE Rankingのキーワード調査機能

ヘッダーメニューにある「キーワード調査」に切り替えて調べたいキーワードと検索地域を設定すれば、このキーワードにかんする詳しいレポートが出てきます。

月間検索ボリュウーム、難易度、CPC、関連キーワードとの詳しいデータがまとまるようになります。コンテンツ企画またはリスティング広告の出稿ではこれらのデータからヒントをもらうことが重要です。

「キーワードアイデア」→「詳細レポートを見る」をクリックすると、関連キーワードのリストと各指標をさらに詳しく確認することができます。関連キーワードからコンテンツのテーマと相性がよいワードと検索意図関係の情報を作成の内容に配置することはSEO施策の基本です。

左側メニューにある「広告履歴」機能を使うことで、このキーワードに巡るリスティング広告の出稿状況を詳しく確認することもできます。

SE Rankingの被リンクチェッカー機能

被リンクチェッカーの機能は調査対象となるドメインあるいはURLをリンク先にした外部リンク及びそのドメインについての詳細レポートを開示できます。

参照ドメインや被リンクの数量、リンクタイプ、ドメインパワー、Dofollow状況、アンカーテキストなどの指標が詳しく提供されています。参照ドメインと被リンクのセクションをクリックすると、リンク元のアドレス、リンク日付などの情報をさらに確認できます。

競合相手サイトの被リンクのリンク元を参照にすることで、どうやって被リンクを取得するかに関してのヒントをもらえ、対策が練れるようになります。非常に貴重な機能です。

SE Rankingの競合調査機能

競合調査の機能を使うことで、競合サイトをドメインとURLのレベルで、ランディングのキーワード、キーワードの検索順位、予測のトラフィック、ドメインパワー、広告の出稿情報などを詳しく把握することができます。

オーガニックキーワードのセクションの下にある「詳細レポートを確認する」をクリックして、ランディングのキーワードの基本情報に加え、最新の順位および予測のトラフィック貢献度も数値化データで詳しく把握できます。

SE Rankingで自分のサイトを「プロジェクト」機能に追加

自分のサイトのキーワードランディング、検索順位、被リンクなどの状況を詳しく把握したいなら、「プロジェクト」機能にご運営のドメインを追加しましょう。

もちろん、自分のサイトを他人のサイトに扱って「競合調査」機能で詳しく把握することもぜんぜんいいですが、プロジェクトに追加すると、キーワードや被リンクをモニターすることはもっとこまめに行われます。GAとGSCのデータに対照しながら、トラフィックを変化を監視することもできます。

ただし、キーワードと被リンクの変動を監視するために、モニター対象となるキーワードや被リンクを自ら確認してから追加することができます。

便利なところは内蔵の「キーワードサジェスト」機能と「被リンクチェッカー」機能で候補となるキーワードと被リンクは全自動で生成できます。

監視の被リンクを追加する場合、上の画像にある赤いボックスで囲まれたボタンをクリックします。そして「被リンクチェッカー」機能で追加したい被リンクを選択すればいいです。

また、GSCに記述されている外部リンクを被リンク監視の対象にすることも可能です。SE RankingとGSCの両方とも被リンク記録のデータソースにすることで、漏れなく重要な被リンクを厳密に監視できます。

SE RankingのサイトSEO検査機能

「プロジェクト」にある「サイトSEO検査」を利用することで、オンページとテクニカルなどの方面で自分のサイトの健康得点が分かれます。問題となる事項はタイプと深刻程度で見やすいレポートとしてまとまります。

Google Search Consoleを通じてサイトのSEO対策が全うされたかも確認できますが、SE RankingのSEO検査レポートがより包括的で分かりやすいです。

ページの内部リンクがない、ページのメタ情報が欠けた、重複コンテンツ、404ページや画像ファイル、表示が遅いなど、SEO施策に注意しなければならない様々な問題が検出できます。

これらの問題は日常で一回も注意したことがなかったり、不意にミスを犯したりするものばかりです。知らぬ間にサイトの成長にダメージを与えているリスクが非常に大きいです。精査する必要は絶対にあると思います。

この機能についての個人の使用経験というと、まずは一番深刻な「エラー」事項を一つも残さずに解決する必要があります。

いかにサイトのSEO施策を改善するか迷うときはレポートがリストアップする各項目に対照して調整をやれば十分です。

SE Rankingの評価できる理由

上の機能紹介から分かるようにSE Rankingは絶対に「オールインワン」の言い方にふさわしいSEO管理ツールです。とくにその良心的な価格のおかげでユーザー層が幅広くなります。個人ブロガー、起業家からSEO代行、メディア運用の企業まで、このプロなSEO管理分析ツールの導入を検討する価値があります。

ミエルカのような日本のSEOオールインワンツールを利用するなら、毎月100000円はかかります。SE Rankingはわずか月間3000円程度で手軽に始められます。国内外のSEOオールインワンツールを見渡すと価格の競争力が最も高いと言えます。

もちろん、具体的なSEO管理のニーズに応じて、オールインワンツールの代わりに特定機能のあるSEOツールを買うこともぜんぜんいけます。基本的にはキーワード検索数の確認、任意サイトの検索順位の監視、被リンクの調査という三つのツールが必要です。全部買うと、むしろSE Rankingのほうはもっとお得です。

必須なSEO管理機能に加え、高い自動化程度とほかの一連のSEOツールでユーザーの仕事効率さらに高めることができます。

SE Rankingの利用にあたる注意事項

とはいうもののSE Rankingの使用または購入にあたり、下の点を注意する必要があります。長期の利用を決める前に、まずは14日の無料トライアル期間をフル活用しましょう。

SE Rankingのツール性質にご注意

SE RankingはSEO管理分析ツールです。SEO施策にヒントと参考データを提供できますが、施策自体の手伝いや代行はできません。

あなたの業界に関してのキーワードデータは充実なのか

SE Rankingのデータベースも整備され続けているので、あらゆる業界やジャンルのキーワードデータが完備とは保証できません。ほかの歴史がもっと長い大手SEOツール、例えばSEMRushの無料枠を利用してよく調査されたいキーワードを調査します。その結果で、SE Rankingでも十分に豊富な関連データがあるかを確認しましょう。

トラフィック予測データはあくまでも参考に

いかなるサードパーティーのSEO管理分析ツールでもGAやGSCほど、サイトのトラフィックを正確に把握することができません。これらのツールは自分のクロールのリソースと計算力で概ねのトラフィックを測ります。そのクロールのリソースやアルゴリズムによって本当のトラフィックと食い違いが多い場合もよくあります。なので、予測のトラフィックはあくまでも参考にしてください。

SE Rankingの日付機能をフル活用

キーワードの数、検索順位などは変動が多いデータです。なので、SE Rankingではレポートの右上には常に日付が選択可能です。過去の時期を振り返るときは、正しい日付を選択するようご注意ください。

まとめ

SE Rankingはデータベースと機能の充実は引き続き行われているようです。自分で機能をいろいろと使ってみた結果、なかなか良心的なツールと思います。長期的にはSEO運営、Web集客をする方であれば、是非ともこの優秀なツールをお見逃しなく。