【SEO経験談】ライティングに集中して記事を上位表示させる方法(目指せトップ3)

SEO-Writing

仕事関係で、英語圏の国向けのSEO記事と日本語の記事両方とも大量に作成した経験があります。記事の主要キーワードをトップ3以内に飛ばした成績も数あります。全体的に言うと、英語、特に北米向けの記事と比べ、日本語の記事を上位に表示させることはよほど容易だという実感が深いです。

企画力、文筆力があれば、日本語記事を上位に表示させるチャンスは圧倒的に英語記事より大きいです。英語記事の場合、上位表示を決める要因には外部要素は大きな割引を占めています。例えば、ドメインランク、キーワードの競合程度などです。これらの難関を克服しないといけません。

それに引き換え、日本語記事はライティングに集中しても記事を上位に表示させることがぜんぜん可能です。(勿論キーワード自体によるところも多いです。)次は僕自身の成功経験を踏まえ、重点をライティングに置くことで、記事を上位に表示させるコツを紹介していきたいと思います。

SEOライティング・記事作成のスキルの意義

優れたSEOの企画力、文筆力で自分のサイトを運営するほか、ライティングサービスを提供するだけで、収入を補充することもできます。

海外の信頼できるオンラインアサインメントプラットフォームでドルを稼ぐことができますし、得意な方は国内にあるクロコのようなプロなSEOコンテンツ作成会社のライターになることもおすすめです。

日本ではランサーズやココナラ、欧米ではFiverrやUpworkなど、こういうSEO記事作成の仕事を請け負うプラットフォームはほかにもたくさんあります。 これらのプラットフォームでSEO記事作成の依頼を受け付けることができます。或いは、SEOのライティングチームや法人を立ち上げることも検討する価値があります。

しかし、その前に、チャンスとなるキーワードの選択、競合の難易度の判断、記事の組み立て、Googleのランキングルールなど、SEOライティングのあらゆる側面を十分に理解する必要があります。でなければ、クライアントや雇用主を説得して、自分の書いた記事の値上りを納得させるのは困難です。

また、記事作成の熟練度、権威性、競争力を高めるために、ある程度の市場需要があって自分にとって馴染みのあるトピック範囲を自分のニッチ(ニッチ)にする必要があります。

記事の上位表示に関わるキーワードのランキング

記事企画の最初段階では、いくつかのキーワードを選定し、それに反映された検索意図を中心に記事の内容を企画します。これらのキーワーをGoogleの上位に表示させることで記事を上位に表示させることを期待します。つまり、ユーザーが企画のキーワードを検索すると、ご作成の記事がSERPs(検索結果)の上位に表示されることです。

そのため、一つの記事を作成することで、多くのキーワードをランキングさせることができます。通常は、主要キーワードとそれと関連性の高いロングテールキーワードだけが上位に表示可能です。
これは、キーワードに反映されたニーズを記事の内容がカバーしているかどうかとも関係があります。また、後述するように、他の重要な外部要因もあります。

記事が公開されてから、メインキーワードが満足のいく順位になるまでに、いくつかの段階を経ることになります。 しかし、まず最初に、すべての記事がいいパフォーマンスを発揮するわけではなく、かなりの数のページが初期段階さえ乗り越えていなかったことをご承知おきください。

実際、インターネット上のページの8割以上は、該当するWebサイトのトラフィックへの貢献度がゼロであり、キーワードの順位上昇はうまく行きませんでした。
記事ページに含まれるキーワードの数が不足するうえ、キーワード順位が数十位圏外であれば、ユーザーの視界に入りにくいことも当然のことです。
以下は、記事キーワードの上位程度とクリック率(CTR)の関係をモデル化したグラフです。
上位10位圏外、つまり検索結果の1ページ目に入ってこない記事は、上位に表示させようとするキーワードでトラフィックを獲得することが非常に困難になることが分かります。

Why (almost) everything you knew about Google CTR is no longer valid -  SISTRIX

ウェブページがSERPに表示されただけではインプレッションとみなされ、ユーザーがクリックして ページが成功にロードされて初めて有効なトラフィックが発生するというのは、基本的な常識です。

続いては、ページが公開され、上位に表示されるまでの段階を見てみましょう。

段階一:記事ページは検索エンジンに登録・インデックスされる

インデックスされたページは、GSCのURLチェッカーで以下のように緑色のチェックマークが表示されます(Web画像)。

Search Consoleのクロールの統計情報 - WordPress を簡単に

記事ページが含まれているかどうかを確認する最も正確で便利な方法は、Google検索で「site:」コマンドを使って確認することです。

サイトコマンドで検索結果にページのタイトルが表示できれば、その記事が検索エンジンにインデックスしていることの証明になります。

段階二:少数のキーワードが記事の該当ページにランディングし始める

普段はAhrefsなど有料のSEO分析ツールを使って、キーワードの順位がどのように変化しているかを確認します。正直、キーワードをモニタリングできる無料の手段はなかなか見つけられません。SEMrushはキーワード変動の無料検査ツールを提供していますが、サイト全体のキーワード変動のみが表示可能です。URLごとのキーワードレポートは有料機能です。

少数のキーワードがランディングし始める

もちろん、キーワードで検索して、自分の記事が検索結果に表示されるかどうかを確認することもできます。

段階三:記事ページが検索エンジンに評価された。主要キーワードが徐々に上位に表示され、たくさんのキーワードを登録している。

このページの該当記事はこの前私が書いたものです。全体データは、ahrefsによって以下の図のように示されています。

ページSEO効果オーバービュー

と下図のウェブページのキーワード分析レポートが表示されます。

多数のキーワードがすでに上位表示

第三、記事・キーワードの上位表示に影響を与える要因まとめ

様々な要因がありますが、最も重要なポイントを以下にまとめました。以下の各ポイントを拡充して紹介すれば、話は尽きないでしょう。本記事ではライティングの視点に重点を置いているため ここでは、あまり詳しく説明しません。

トピックやキーワードの競合程度

通常、このデータはahrefsのKeyword Difficultyという指標で示され、値が高いほど、より多くのページやサイトがそのキーワードで競合しており、競争が激しいことを意味します。良いキーワードを選択することは、記事の上位表示を促すために非常に重要です。記事とキーワードの上位表示を成功させるためには、チャンスとなるキーワードをうまく選ぶことが重要です。

キーワード難易度

ドメインランク

価値の大きいキーワードは、成立時間の長くてドメインランクの高いサイトが上位をしっかり掴んでいる状況が多いです。また、Googleは一般的に、権威性や専門性が高く、品質が良いWebサイトに良い順位を与える傾向があり、これらのページの順位を超えることも自然に難しくなります。
ウェブサイトのドメインランクを大まかに判断するには、DA値(Moz)、DR値(Ahrefs)、Alexa Rank(Amazon)などの指標を参考にするとよいでしょう。

注意したいのは、本記事でライティングに集中するだけで、記事が上位に表示可能と主張していますが、お持ちのサイトは一定のドメインランクを積んだことが前提です。一方、必ずしも高いページランクでないといけないとは限らないです。例えば、サイトのDAやDRが10、さらに5以下でも、コンテンツだけで記事を上位に飛ばすのはぜんぜん可能です。

例えば、下の画像は、Chromeの拡張機能「Keywords Everywhere」を使って取得した各サイトのDA値です。SERPにあるページのタイトルの下にくっついて表示されます。

Keywords everywhere DA

外部リンク、被リンク

お持ちのサイトを外部サイトはリンクで指すことは「このページは参考価値が高い」という情報をユーザーに伝えているという意味です。これによって外部リンクに指されたあなたのサイトはドメインランクが上がります。特にそのサイト自身のドメインランクが高い場合です。

外部リンクの数量が多く、品質が高いページやサイトは、検索エンジンのアルゴリズムに評価されるゆえ、キーワードの順位が上昇しやすい傾向ですが、絶対的ではありません。

ページの品質とユーザーエクスペリエンス

ページの読み込み速度の速さ、画像の鮮明さ、デザインの美しさなどは、ユーザーのページでの行為を影響します。Googleもこのページでのユーザー行為に関してのデータを記録できるため、ユーザー体験の良いページのキーワードの表示順位を向上させることができます。表示速度を含むウェブページのコア指標はLightHouseで計測するのはおすすです。下のようにブラウンのDevツール一ページずつ計測するより、AhrefsなどのサードパーティーのSEOツールでサイトにあるすべてのページを一括で計測することがおすすめです。

LightHouse

そして最後に、そのページの内容が価値あるものかどうか

これはGoogleが最も重視する要素であり、Googleが毎年アルゴリズムを更新する目的は、本当に価値のあるコンテンツの提供を促すことです。なので、「コンテンツは王様」という論断はいつまでも廃れることはないでしょう。もちろん、コンテンツの質は同業者がすでに極めた場合、上記の各要因は上位表示を左右するもっと重要なものとなるはずです。ですが、現実にはランキングとコンテンツ作成においてはチャンスは常にたくさんあります。

ライティングで上位表示を実現した経験

いよいよこの記事のテーマに入ってきましたね。それでは、企画、キーワード選定、文の構造など各方面でライティングの経験シェアさせて頂きます。見ていきましょう。

経験一:チャンスキーワードを特定

トラフィック重視なら、検索ボリュームが多く、難易度が比較的低キーワード、コンバージョン重視なら、コンバージョン率が高く、難易度が比較的低い言葉。 もちろんコンバージョンのレベルは全部自分で模索するべきもので、教えてくれるツールはないです。

難易度の判定に重点を置きましょう。難易度は、キーワードの難易度スコアに依存しなくても判断できます。それに、キーワードの難易度スコアは不正確なことが多いです。

もう一つ簡単で有効な方法、SEO解析のブラウザ拡張機能をインストールします。すると、キーワードを検索するたび、SERPにある各ドメインの下にドメインランクはDAまたはDR値で表示されます。この2つの値は満点100で、ウェブサイトのドメインランクを反映しています。

例えば、Keywords Everywhereは、MozのDAスコアに基づいています。

Keywords everywhere DA

一般的に、SERPの上位を占めているのは高いDAのWebサイトである場合、そのワードの上位表示は難易度が比較的高いということになります。さもなければ、勝ち抜く可能性は大きいです。

  • 高DA:60以上
  • 中DA:20-60
  • 低DA:20以下

経験二:キーワードの検索意図を的確に把握する

キーワードはGoogleで検索し、SERPにどのようなページが表示されるかを最初に確認します。上位10ページを開いて全て読むことをお勧めします。

上位10ページには記事がない、あるいは少ない場合、関連情報を理解するのにあまり便利ではないかもしれません。 英語のサイトなどのページもあったり、上位のページでは色んな形(ブログ記事、ツール、pdfページ、辞書など)があったりする場合もあります。これは、オリジナルの記事コンテンツが上位に表示可能な機会を示しているもかしれません。

  • あるキーワードに対して、関連するページがGoogleのトップ10に表示されるのはそれなりな理由があり、いかに雑に見えようとも、少し分析すれば、それらの間に共通点を見つけることができます。つまり、検索意図を反映したものです。
  • 形が似て意味が近いサブキーワードでGoogleで検索を再実行することで、新しいSERPを通じてより包括的な情報を取得するのはおすすめです。多くのキーワードを検索するほど、トピックへの理解が深まります。

これらのページに含まれた情報を分析することで、少しずつトピックに慣れていき、自分の記事でどのような情報や側面をカバーすべきかを判断できるようになります。

経験三:記事には必ずキーワードを埋めよう

記事中のキーワードは、常に原形をとどめるように心がける。 これは、Googleのアルゴリズムの要件を満たすためです。

Googleは強力なNLP(自然言語処理)アルゴリズムを持っていますが、人間と同じように正確に記事の内容を把握できるわけではありません。 記事の流暢性を確保しつつ、この記事はどのキーワードを中止にしているかをGoogleに提示するために、関連するキーワードを繰り返し文中に並べる必要があります。

記事の企画段階で、通常、メインキーワードを中心に5〜8個のサブキーワードを選定します。これらのワードを文章中に繰り返して出現させることで、その記事に該当すべきキーワードのシグナルをより多くGoogleに与えることができるのです。

キーワードの埋め込みを具体的に言うと2つの意味があります。

  • キーワードの形を維持したまま埋め込む
  • キーワードが反映する意味を巡って内容を企画

もちろん最初に配慮すべきのはメインキーワードです。その次に関連のサブキーワードも一定の頻度で埋め込んでください。キーワードグループの選定基準を言うと、検索ボリュームが多く、難易度が中程度で、メインキーワードとの関連性が高いキーワードを選定しています。一般は、ahrefsのようなSEO解析ツールで選定の仕事を行います。

キーワードの埋め込みの位置と頻度(個人経験)

  • タイトル(通常H1または記事タイトル)にはメインキーワードが必須
  • メインキーワードと第二キーワードはディスクリプションに埋め込むべき
  • Heading(H1、H2、H3、H4など)には、メインキーワードと第2キーワードを2~3回繰り返して埋め込む必要があり、メインキーワードと第二キーワードはHeadingを十分に利用しないことはいけません。
  • 記事の最初の段落は、できるだけ早くメインキーワードと第二キーワードを表します。
  • メインキーワード、第2キーワードに加え、選定したその他のロングテールキーワードなども本文中で2~3回繰り返す必要があります。

経験四:テーマを巡って多角的とユニークな内容を提供

このサブセクションでは、上位表示を目指して記事の構造をどうすればいいかをご紹介します。まずポイントとして、その分野の専門家でなければよく知っていないテーマを執筆できないというわけではありません。

関連の記事を作成するにつれて、対応のトピックに詳しくなります。 また、それほど専門的でないほとんどのテーマなら、すでに上位に表示されている記事の真似をすることで、しっかりした内容を持つ記事を作成することができます。
さらに余裕があれば、やはりテーマを深く掘り下げ、より深い洞察に基づいた情報を提供しましょう。

そこで、本節のタイトルに戻ります。他の優れた記事を模倣するポイントは、各記事からできるだけ多くの視点、文を構成した側面を抽出し、自分の記事にまとめることです。

「多角的な視点で書く」と「リスト記事」

リスト記事は、記事テーマを中心に、複数の製品、ツール、方法、リソースなどを合わせて提供するという記事のタイプです。

このよな記事は、内蔵の各対象について深く掘り下げて説明することはありません。 通常、似たようなものの集合であります。こんな記事は、上位にランクされやすいことが何度も証明されています。 その理由は主に2つあります。

  • コンテンツは高度に構造化されており、読まれやすい同時に、アルゴリズムによる識別も容易です。
  • 記事には豊富な情報が掲載されています。

リスト記事であるテーマついて議論をするとき、リストの構造はまず読み手にとって内容の把握がもっと容易になります。また、テーマを支える複数のアイデアやチャネルが提示されているため、情報が豊富で価値のあるコンテンツとなるはずです。

結果的に、より多くの外部ページがリスト記事で推奨され、つながるようになります。インターネットのシェア精神にも合致します。なので、Googleのアルゴリズムがこうした記事を推奨するのは理にかなっている。

この現象から得られる経験は、こういう記事を書かない場合でも、記事のメインキーワードを中心に、より多くの側面、角度から豊富な情報を提供するほうが良いです。そしてしっかりとした構造と階層分け(H headings)で整理しましょう。

冒頭で述べたように、他のページを真似して、上位ページで述べられた様々な視点を総まとめとして自分の記事に取り込むことができます。具体的な表現として、この記事には多くの並列または従属関係を持つ見出しが含まれるようになりやすいです。

経験五:記事に構造化の内容を適切に配置しよう

上の例でも述べたように、さまざまな情報が揃ったら、それらを文章内でうまく階層的に整理することが大切です。

記事全体の構造化に加え、記事内でリストや表など、より構造化されたコンテンツを適宜使用することも推奨されます。

構造化されたコンテンツの効果を裏付けるもう一つの例は、Quoraでリストのような回答が人気で、「いいね!」やコメントを受けやすいことです。

心理学の教授Jordan Petersonも、自分の本の序文で、Quoraで若者に成長するためのアドバイスをしたところ、プラットフォーム上ですぐに人気が集まったことに驚いたと書いており、それが本を作る動機の1つだったようです。
質の高いコンテンツに加え、構造化されたコンテンツは、確かにプラットフォームの推薦アルゴリズムでより優遇されるでしょう。

経験六:適切な言葉遣い、情報とキーポイントの正確さを確保

語弊、誤字脱字のない、なめらかな日本語はもちろんです。

関連する情報を正確に調べてから文章を作成します。という作業は、時に非常に手間がかかります。

どうしても解明不能な場合は、曖昧に表現したり、記載しないようにしたりするのも対策です。

しかし、間違いを避けるために、その周辺の情報を深く論じないという極端なことをしないことも重要です。

最後に書く

Googleのアルゴリズムは非常に秘密で複雑なものです。ブラックボックスとして理解しましょう。何しろGoogleのコア技術ですから。より良い自然なトラフィックを得るためにほとんどのSEO業者はGoogleのアルゴリズムに適応する方法を模索し、途中で経験と教訓を積み上げながら、少しずつ前へ進みます。

具体的にどうすれば上位表示が確保できるのか、上記はまだ、因果論に基づいたわかりやすい対策を示していないように見えるかもしれません。 しかし、上記のような考え方に従って、執筆の過程で丁寧に実行することができれば、きっと良いトラフィックパフォーマンスを実現できると思います。

Keyword maping

Volume SERP ratio