メールマーケティングの基本、やり方、利用ツールについて

email-marketing

本日、メールマーケティングキャンペーンによって私たちのメールボックスでは無数のメールが満ち溢れています。数多くのスパムメールが避けにくいことは、メールマーケティングがお客様に接触するいい手段という事実の証です。CRM管理などにもメールマーケティングが重要な役割を果たしています。

メールマーケティングは、お客様と繋がり、ブランドを宣伝し、売上を増加させるなどに役立ちます。商品の販売、ニュースの共有、ショッピングカートの放棄率の改善、ストーリーの伝達など、さまざまなことにメールを活用することができます。

メールマーケティングは有効?

ブランドについて何かを伝えたいとき、あるいは商品を売りたいとき、メールマーケティングは最もコストパフォーマンスの高い方法の一つです。

実際、DMAによる2015年の調査では、1ドルを費やすごとに、メールは平均38ドルの投資収益率(ROI)を上げていることが分かっています。買い物客が何かを買おうとするとき、お気に入りのショップからのメールを探すことはよくあることです。

しかし、お客様は常に多くの販売主からメールを受信してるため、受信箱でいっぱいのメールの中で目立つことは難しいことなのです。

そのため、効果的なメールマーケティングキャンペーンを実施するために、Mailchimpなど第三者のツールを利用する必要がありまます。業界別のメールマーケティングの統計データ、メール作成を巡る注意点など、これらのツールがヒントを提供しています。

いかにメールリストを取得するか

あなたのメッセージを受け取ることを望む人々の熱心な購読者リストを構築し、維持することで、投資に対する最高のリターンを見ることができます。

メールの受信を楽しみにしている人を見つけるには、さまざまな方法があり、効果的な実践もたくさんあります。

サイト内に登録フォームを作成

ウェブサイトを初めて訪れた人は内容を気に入ると、あなたのブランドを常に知ることができる方法を求めるでしょう。ポップアップ式の登録フォームを設置して、メールなどの訪問者のデータを収集します。

オフライン型のサインアップフォームも合わせて使用しましょう。実店舗でも、ご主催のイベントでも、あなたの仕事に興味を持つ人たちが集まってきたら、その人たちにサインアップしてもらい、了解を深めるルートを提供しましょう。

ソーシャルメディアを通じて登録を促す

充実としたメールリストはなくても、ソーシャルメディアのフォロワーがある程度いる場合は、このリソースを活用してください。 サインアップフォームをソーシャルチャンネルで共有することで、お持ちのメールリストに購読者を増やしましょう。

コンテストや割引を実施することも有効です。メールリストに登録してもらうために、報奨を与えることが有効です。幸運な新規購読者に賞品を提供したり、初めて購入する人に割引コードを提供したりすることを試してみてください。

メールを簡単に共有できるようにしましょう。 価値ある情報がたくさん含まれ、美しく説得力のあるメールを作ると、人々はそれを共有したくなるものです。これでメールに含まれた情報を素早く拡散させる。

メールリストは購入するべき?

メールリストを購入するべきではありません。

購入したリストは有効ではありません。 連絡先を購入したリストに基づいてメールを送ると、メールがスパムとして認識され、配信停止率も高くなります。

同じIPの誰かが過去にスパムを送信したことがある場合、メールスパムフィルターは、この疑わしいIPとその挙動にフラグを立てます。

  • 第三者のリストは使用しないでください。 購入またはレンタルされたメーリングリスト、および公共ウェブサイトを含む第三者の情報源から収集したリストが含まれます。
  • 許可を得ること。 リストに登録されている全員が、あなたのメールを受け取ることを選択し、彼たちの許可は明確で検証可能であるべきです。 通常のツールでは、サインアップフォームのオプションを通じて、この許可を追跡できます。
  • 配信停止リンクを設置する。 迷惑メール防止法では、送信するすべてのキャンペーンで、購読を停止する方法を提供することが義務付けられています。

メールマーケティングに第三者のサービスとプラットフォームを使う理由について

第三者のツールはマーケティングオートメーションからトラッキングツール、照合テストによるメールの最適化まで、さまざまな機能が備えています。

最初では連絡先が2000未満の場合は、各ツールが提供する無料プランを利用すれば十分です。

また、これらのツールは、メールマーケティングに関する多くのアドバイス、ヒント、実際に読まれるメールを送信するためにコンタクトによるデータに基づいて行動を取る方法も紹介しています。

メールマーケティングにおける通常の手順

メールマーケティングのプランを作成する

目標ユーザーを明確にする

何を売るにしても、効果的にコミュニケをとるためには、目標ユーザーを明確に把握する必要があります。彼らの特徴を深く掘り下げ、カスタムされたメールを送信することで、参与意欲を高め、信頼関係を築き、より大きなROIを生み出すことができるようになるのです。

登録ソースを明確に

サインアップフォームから得られる最も貴重なデータは、購読者がどこでどのようにお持ちのメールリストに登録したかという情報です。

Eコマースビジネスをしていて、ご運営のオンライン事業がメールマーケティングサービスの提供側とつながっているなら、顧客が最初にどこからリストに登録したかを知ることで、顧客とのコミュニケ方法や努力を集中させるべき場所をより良く知ることができます。

グループ分け

多くのユーザーから、同じ特徴を持つユーザーたちをグループ分けにして、関連性の高くてカスタムされたメールを各グループに送りましょう。関連性の高いキャンペーンほど、より良い結果は得られます。

送信頻度と目当てを設定する

メール配信の頻度に決まりはありませんが、あまりに頻繁だと、購読者がコンテンツを無視したり、完全に購読を中止してしまう可能性が高くなります。

ブログやニュースサイトを運営するウェブマスターの中には、購読者に毎日更新のメールを送る人もいれば、購読者がメールに興奮し続けるように、月に2回しか送らない人もいます。 自分のペースでメールを送ることを選択し、配信停止やクリック率を確認することで、必要に応じて頻度を調整しましょう。

スケジュールを作成

確実にメールマーケティングの軌道に乗せるために、コンテンツ作成のカレンダーを作成し、イベント、ブログ投稿、ソーシャルメディア投稿などのスケジュールを立てるのも一つの方法です。

スケジュールは、業界、送信コンテンツのタイプ、送信頻度などによって決めましょう。

メールのデザインをしよう

メールマーケティング・キャンペーンをデザインする際は、メッセージに焦点を当て、シンプルで明快なデザインにすることが大切です。キャンペーンのすべての要素を階層的に配置し、最も重要なメッセージや重要なポイントを一番上に置くことで、時間がないときでもすぐにメールを読み取ることができるようにすることがお勧めです。

独自のテンプレートを作成する

メールのデザインをもっと自由にコントロールしたい?自分でHTMLテンプレートをコーディングし、Eマーケティングツールにインポートすることも可能です。

メールのテストをする

異なるメールクライアントとデバイスでのテストをしてください。

メールソフトの作りはすべて異なるため、デザインしたキャンペーンがユーザーの受信トレイで微妙に違って見えることがあります。レスポンシブデザインでは、メールの表示が異なる場合がありますので、必ずモバイル端末でもご確認ください。

友人や同僚にテストメールを送る

もし、メールの誤字脱字をチェックし、レイアウトについてフィードバックをくれる友人や同僚がいれば、彼らにテストメールを送り、受信トレイで直接キャンペーンをプレビューしてもらうことがおすすめです。

A/Bテスト活動で最適なバージョンを見つける

どの件名が最も開封され、クリックされるのか分からない? お客様がキャンペーンを通じて購入する可能性が最も高いのは、ある時間帯だと思いますか。

A/Bテストを実施することで、様々なバージョンのメールを試し、変更した内容が結果にどのように影響するかを確認することができます。

マーケティングオートメーションでできること

通常のマーケティングキャンペーンとは異なり、オートメーションは目標を絞った一連のメールであり、設定してからほっといてもいいです。

ウェルカムメールから購入後のキャンペーンメール、励ましまで、自動化によって顧客とのコミュニケを効率化し、コンテンツ制作や投資収益率(ROI)の向上に集中する時間を確保することができます。

また、注文通知のデザイン、送信、追跡により、お客様の購買行為をアップデートすることができます。

パフォーマンスを測定する

開封数、クリック数

テーマやキャンペーン内容がユーザーのリストにどれだけ響いたかを示すもので、マーケティングキャンペーンの参与さを測定するための最もわかりやすい統計データです。

ただし、開封率やクリックスルー率を同業他社と比較することは極めて重要です。

電子商取引データ

ご運営のオンライン事業を第三者のツールに繋がり、キャンペーンのリンクトラッキングを有効にした場合、キャンペーンレポート、購読者プロファイル、アカウントダッシュボードで購読者の購入データを確認することができます。

ウェブサイトトラフィック

送信したキャンペーンは、ウェブサイトやオンライン事業へのトラフィックを増やすのに役立ちます。 第三者ツールと同期できる統合機能を利用することで、キャンペーン送信後のウェブサイトのトラフィックやeコマース活動の変化を追跡することができます。