【無料】検索数など詳しく解析するキーワード取得・調査ツール10選を厳選してご紹介

キーワード調査

ブログを書いてトラフィックを取得するために、キーワード調査・分析を始めとするSEO分析の諸機能が含まれたツールやサービスをサブスクする必要は絶対にあると思います。

単にキーワード調査というだけでも、多くの側面があり、無料ツールは常に一つや二つの任にしか堪えません。それに、有料なSEO分析ツールは競合相手の調査、被リンクのトラッキング、テクニカルSEOの診断など包括的な機能が揃っています。これらはすべてトラフィック取得とSEO最適化の作業で注意しなければならない面です。

プロなSEOツールは決して安くはないので、まだ利益が出てこないウェブマスターにとっては確かに慎重にコストを考えるべきです。一方、無料のキーワード調査ツールというものの、合わせて活用できれば、トラフィックが著しく伸びるまで、プロなSEOツールに負けないほど、キーワードの取得、アドバイスには役割を果たすことができます。

この記事は完全無料でキーワード調査・分析ツールを網羅してまとめてみました。いずれも検索ニーズへの知見を深めたり、使ったあと助かると実感するツールです。

キーワード検索の調査ツールの果たすべき機能

機能が完全なキーワードリサーチのツールは主に下の側面で詳しい情報を提供するはずです。

キーワードを巡る各指標の具体的な数値

オーガニックなトラフィックを取得するためには、キーワードの月間検索検索ボリューム競合難易度は主に注意を払うべきです。検索数が大きくて、競合難易度の点数が低いワードが好ましいですが、検索頻度が割合に低いロングテールのワードはユーザーにの実際のニーズにもっと近くて競合度も低いので、ランキングの価値がより大きい状況も注意しましょう。

リスティング広告を出稿するなら、予測のキーワードのCPCも必要です。

また、多くの検索ニーズは季節や祝日に応じて変動するので、検索ボリュームのトレンドを提供する意義も大きいです。

一般では、完全無料のキーワード調査ツールはこれらのメトリックについての詳しい数値化のデータをまとめて提供できません。

関連語、共起語を提案、サジェストして詳しくキーワードを取得

主要キーワードの意味の延長線にあって形も似たロングテールのキーワード、または意味や形が異なる共起ワードや関連性の高いワードはWeb集客での役割が重要です。コンテンツ作成にあたり、メインのキーワードとともに文脈に含め関係キーワードも選定しましょう。

なので、関係キーワードをサジェスト、提案、アドバイスしてくれるツールと機能が必須です。

幸いに多くのキーワード調査ツールが無料でサジェスト、提案をしてくれるので、キーワード選定に役立ちます。

自分と競合相手のキーワード状況をトラッキングできる

プロなSEO分析ツールはURLのレベルまでキーワードのランディング状況をトラキングして詳しく開示してくれます。具体的には、そのページやドメインがインデックスしているキーワード、キーワードそれぞれの検索ボリューム、最新の検索順位などの動的データ(時間の経つにつれて変わる)が含まれます。

こうした機能は、自分と競合相手のキーワードのランキング状況を正確に把握したり、狙う価値のあるキーワードを取得することに非常に役立つものです。

次に、上記のキーワード調査のニーズに応える完全無料で利用できるツールをまとめてご紹介します。

キーワード調査を詳しく行うSEO分析の名ツール(無料で利用可能)

こういったツールは一つサブスクすれば、SEO分析に関してのニーズはほぼ全部満たせます。機能のトライアルとして、キーワード調査など一部の機能は無料で使えます。無料機能には制限がありますが、適切に利用すれば、キーワード選定に十分なサジェストとヒントを与えてくれます。見てみましょう。

SE Ranking

参照リンクhttps://seranking.com/

SE RankingはSEO分析についての全般的な機能が備わった有名なツールです。SE Rankingは主に三大のSEO分析機能があります。それぞれ競合調査、キーワード調査、被リンクチェッカーという機能です。無料でキーワードを調査するにあたり、主にSE Rankingのキーワード調査と競合調査という二つの機能を利用します。

SE Rankibg キーワード調査

キーワード調査の機能を利用するとき、ボックスに調べたいキーワードを入力し、検索の国を選択すれば、ボリューム、難易度、関連語、SERPなどそのキーワードに関しての詳しいレポートが出てきます。関連のキーワードの選定にあたり、キーワードアイディアに特に利用しましょう。

キーワードサジェスト

メイン画面で「キーワードサジェスト」に切り替えると、「キーワードアイディア」をさらに詳しく確認できます。月間検索ボリューム、CPC、難易度などすべでの数値化のデータが提供されています。

競合相手のドメインやページからランキングすべきキーワードのヒントをもらうためには、競合調査の機能を使います。相手のドメインやページのURLを入力し、オーガニックキーワードのセクションで調査対象がランキングしたキーワードおよび詳しいデータが確認できます。

上記の機能は全部無料で利用できます。お持ちのGoogleアカウントでワンクリックで登録すればすぐに使えます。注意したいのは無料プランでは競合調査やキーワード調査などは合わせて一日にあたり10件のレポートしか生成できません。

Ahrefs Keyword Generator

参照リンクhttps://ahrefs.com/keyword-generator

完全無料で使えるツールです。調査できるキーワードSEO分析の名ツールのAhrefsが一部のキーワード調査機能を無料にしたWebツールです。キーワードを入力して検索の国を設定すれば、そのキーワードと形が似た類似キーワードの候補がたくさん出てきます。中ではキーワードの月間検索数、ランキング難易度の点数が詳しく提供されています。完全無料のツールとして、データをここまで開示するのは非常にありがたいと思います。

一番優秀なところは、調査できるキーワードの数には上限がないことです。本当の意味での無料ツールです。

ただし、キーワード選定の参考にする場合、形が異なりながら関連性が高いキーワードの候補は提供しません。この部分はAhrefsで「Also Rank For」のレポートでまとまっています。残念ながら、有料サブスクでなければ利用できません。

SEMRush Keyword Magic tools

参照リンクhttps://ja.semrush.com/

SEO分析の名ツールSEMRushの中にある機能の一つです。無料で使えます。キーワードと国を入力してから、詳しいレポートができます。キーワードとの類似程度や関連度またはよく出現するワードの組み合わせはタブとリストの形ではっきりと提案されています。

また・競合相手のドメインがランキングするキーワードを調査する場合、無料で利用可能な「競合調査→ドメイン概要」の機能を使いましょう。競合ドメインがランキングしているキーワードを調査することができます。ただし、無料状態ではドメイン全体だけにとどまります。URLのレベルまで向こうのキーワードをさらに調査するのは有償プランを購入する必要があります。

無料でSEMRushを使うために、まずはサインアップが必要。そして情報補完を無視してツール画面に入れます。情報入力の途中でページの左上にあるSEMRushのアイコンをクリックすればいいです。

無料で利用する際、毎日無料で提供できるレポートは10件までです。一つのキーワードやドメインを調査するたび、一点が消耗されます。

Ubersuggest

参照リンクhttps://neilpatel.com/ubersuggest/

SEOの専門家Nei Patelが開発したSEO分析ツールです。登録してから無料で使えます。ツール画面で「Keyword Idea」に切り替えて、調べたいキーワード、言語、国の情報を入力すると、そのワードと関連キーワードの詳しいレポートが出てきます。

キーワードの形と意味の関係性を基準に、五つのレベルでキーワードのサジェストや提案を確認することができます。

ほかの統合型のSEO分析ツールと比べて言えば、Ubersuggestを使って無料でキーワードを調査する場合、提示可能なキーワードの数がもっと豊富です。一方、無料で請求できるキーワードのレポートが3件までで、非常に限られています。なので、毎回のレポートから得たヒントをきちんと記録しましょう。

Moz Keyword Research

参照リンクhttps://moz.com/explorer

SEO分析の名ツールMozが提供しているキーワード調査のツールです。一部無料で利用できます。Mozが定めたDA(ドメインオーソリティー)という指標は、ドメインパワーの数値化データとして幅広く使用されています。

Mozのキーワード調査ツールを利用するために、Mozホームページのヘッダーメニューで「Free SEO Tools」→「Keyword Explorer」 の順番でツールを開きましょう。

キーワードを入力し、国の情報を選択してから、レポートを生成しましょう。ランキングの難易度、関連キーワードのアドバイスや提案、SERPなどは詳しくレポートに含まれています。

Mozでキーワード調査すれば、不便なところも二点あります。まずは無料ツールは一定の期間で生成できるレポートはすごく限られています。あとは日本語のキーワードにくると月間検索数の統計データが常にない問題です。

もっと具体的なニーズに特化したキーワード調査の軽いツール

上記の統合型のSEO分析ツールは確かに無料でキーワードを調査することができますが、使用制限による不便さを感じたりするときもあるでしょう。そこまでの包括的なキーワード調査の機能が要らない場合、もっと具体的なキーワード調査のニーズに特化した軽量ツールを利用することもおすすめです。

ラッコキーワード

参照リンクhttps://related-keywords.com/

キーワード調査の機能:サジェスト、共起語と関連語を提示して詳しくキーワードを取得

ラッコキーワードは手軽に始められるキーワード提案と調査のツールです。任意のキーワードを入力すれば、そのキーワードに関してのサジェスト、連想語、共起語など関連キーワードが詳しく提供されます。

また、キーワード検索に使われる検索エンジンが指定可能で、オプションも多いです。Google、Bing、YouTube、楽天、Amazonなどが対応です。キーワード提案の機能と言えば、ラッコキーワードを使うのが十分です。

GRC

参照リンクhttps://seopro.jp/grc/

キーワード調査の機能:キーワード順位のチェック

GRCは任意のドメインがランキングしているキーワードの検索順位をチェックできる軽いソフトです。自分あるいは競合相手のドメインについてトラキングしたいキーワードを入力することで検索順位の変化をチェックすることが主な機能です。

複数の検索エンジンでの検索順位をチェックできます。キーワード項目ごとにトップ100のSERPの確認、順位変化グラフの生成などの便利機能もあります。

自ら順位をチェックしたいキーワードを入力するのは、自動でドメインやページにランディングしたワードを解析できる主流ツールと比べてやや立ち遅れた感じです。自分ドメインのキーワードの検索順位だけを確認すれば、ahrefsの無料枠を利用するほうがもっとおすすめです。サインアップしてから、GSCを通じてサイトの所有権を認証すれば、サイトのテクニカル健康さ、キーワードのリアルタイムの順位と順位変化に関してのレポートを全自動で提供することができます。

GRCは基本的に有料ツールですが、無料で使えば、一日でチェックできるキーワード(項目数)は10個までです。

SEOチェキ - 検索順位チェック

参照リンクhttps://seocheki.net/

キーワード調査の機能:キーワードの検索順位をチェック

ご覧のようにSEOチェキの検索順位チェック機能はURLにランディングしたキーワードの検索順位をチェックできる簡易なWebツールです。一つのURLにつき、調査できるキーワードは3個まです。また、GoogleとYahooの二つの検索エンジンにも対応です。

手軽に始められますが、主な問題はチェックできるキーワードの数がいかにも少ないことです。

aramakijake.jp

参照リンクaramakijake.jp

キーワード調査の機能:キーワードの検索ボリュームをチェック

登録なしで完全無料でキーワードの検索のボリュームを確認できます。キーワードを入力すると、第一から第50までに位置する場合、それぞれ毎月どけだけのクリック数がもらえるかについての予測値が提供されます。

直接的にキーワードの月間検索検索数のデータが提供されていませんが、CTRとランキングとの関係のモデルに依拠して大体の検索ボリュームを計算することができます。

rishirikonbu.jp

参照リンクrishirikonbu.jp

キーワード調査の機能:キーワードの検索ボリュームをチェック

完全無料で使用できるキーワード検索数チェックのツールです。主には下の機能があります。

  • 関連キーワードを取得し、月間検索数を提示
  • 第一位にランディングしたとき、概ねのアクセス数
  • キーワードの難易度

関連キーワードの予測の月間検索数を提示できることは非常にありがたいと思います。また、競合の難易度も100点満点のベースで提示されています。キーワード選定の参考にする価値が大きいと思います。

まとめ-キーワードプランナーの代わりになる優秀ツール

Googleの公式キーワード調査のツールとしてキーワードプランナーはかつてキーワード研究に不可欠なツールでしたが、検索数などキーワードについての詳しいデータがされなくなったため、参考価値もほとんど失ってしまいました。

しかし、上記の無料で利用できる強力なキーワード取得、調査のツールは完全にキーワードプランナーの上級代わりになります。個人ニーズに応じて、諸ツールを合わせて使用することで、情報をできる限り掘り出しましょう。