SEO効果に重要なドメインパワーとは?確認と改善の方法をご紹介

ドメインパワーが強ければ強いほど、トラフィック取得などのSEO効果が出やすくなります。SEOで知っておかなければない重要な概念として、この記事はドメインパワーを深くご理解いただけるために、一業者の視点でドメインパワーに関しての知識をまとめてみました。SEOマーケティングのお役に立てることを期待しています。

ドメインパワーとは?SEO効果に具体的な影響は?

名前どおに、ドメインパワーはつまりドメインの力で、検索エンジンにどれだけ信頼されているのか、検索エンジンによるドメイン(サイト)への評価を示す指標です。主に二つの面でSEO効果を影響します。

  • インデックス速度:ドメインパワーが強いサイトはウェブページが検索エンジンにインデックスされるスピードが速くなります。
  • キーワードのランキング:ランディングの数と上位表示になる確率もドメインパワーの弱いサイトより優れています。

例えば、新規に取得するドメインで開設するサイトに内容を追加する際、ページのインデクスとキーワードのランキングはなかなか進まないですね。新しいドメインへの検索エンジンの評価ができておらず、ドメインパワーが弱いことが原因です。なので、ウェブマスターたちはドメインパワーを高めることを常に工夫する必要があります。

Moz、AhrefsなどプロなサードパーティーのSEOツールは直感に把握できるようにドメインパワーを数値化のメトリック、指標にしています。かなりの程度でドメインパワーを提示できますが、Googleが策定したものではなく、ドメインパワーそのものではありません。注意する必要があります。後文では両者の関係さらに詳しく解説しております。

ドメインパワーが何によって決まる?

この問題を答えるために、Googleが2022年に発表したSEOランキングの要因と比重を見ていきましょう。下の各方面はSEOのランキング効果を影響する諸要素です。ドメインレベルでの要素ばかりではなくて、ドメインパワーと直接的に関係がない事項も見られますが、一個ずつ適切に対応出来れば、ドメインパワーは確実に上がり、強くなります。

このレポートとネット上にある他の資料を合わせて見れば、ドメインパワーへの影響要因は大きく分けて4つにまとめられます。

コンテンツ作成の継続性

この点は上記の「Consistent Publication of engaging content」(持続的に「魅力的」なコンテンツを作成)という要因に該当すると思います。さらに三つの側面へと行くことができますね。

  • コンテンツ更新の頻度が高い
  • ドメイン(サイト)の運営期間が長い
  • コンテンツの質が良い

コンテンツの質は後ろの部分とは重なるので、一旦さておきます。コンテンツ作成の継続性を保つために、更新の頻度と運営の期間両方とも注意しましょう。

新しいドメインができたときから、最初の半年間に懸命にコンテンツを入れてもトラフィックもあまり上がらないということを経験したブロガーが多くいるでしょう。ドメインパワーがまだ積んでこないのは原因です。最初のドメインパワーが溜まるのは速くても平均的に3ヶ月の時間が必要です。

それに引き換え、一気にコンテンツを公開してから、ドメイン(サイト)をアクセス可能な状態に維持したままにほっといてドメインパワーが自動で溜まることを待つ、という考え方も断然と通用できません。更新作業の頻度を高めないと、ドメインパワーはためません。なので、自分でサイトを運営することで収益を作るなら、毎日3~4時間を割いて更新作業をするというような説が流行っています。

コンテンツがこれからもランキングに関してのもっとも重要な要因に決まっています。

バックリンク(被リンク)

バックリンクはかつてドメインパワーとランキングを決める最も重要な要素でしたが、そのランキングへの役割は2018年以来、少しずつコンテンツの後までおちてきました。とはいうものの、ドメインパワーを左右できる非常に重要な要素です。

被リンクでランキングとドメインパワーを決めるPR(Page Rank)アルゴリズムはGoogleが最初に確率したアルゴリズムとして、今になっても多くの数値化のドメインパワーが基づいている依拠と論理です。後文で詳しく展開します。

ウェブマスターは未だに被リンクを獲得することでドメインパワーを上げることを工夫しなければなりません。被リンクを作るには、5つを注意しましょう。

  • リンクのソースとなるサイトやページはリンクを受けるドメインやページと内容で関係性を持つ必要がある
  • 参照元のドメイン自体はドメインパワーが強いものが好ましい
  • Nofollowのリンクより、参照元によるDofollowのリンクがもっと効果がいい
  • 参照元のドメインの質と関係性が確保する上で、参照ドメインと被リンクの数量を求めよう
  • できれば被リンクのアンカーテキストを飛び先ページの関連キーワードにしよう

良質で価値のあるコンテンツを作る

上の「Niche Expertise」(専門性の高い内容)に該当しますが、「Consistent Publication of engaging content」の「engaging content」(注意力を留められる内容)にも該当するでしょう。専門度が高いなら、自然に関係のコンテンツを探すユーザーの注意力を留められて価値のあるコンテンツとなります。あるテーマに対してどれだけ深掘りすることができるということに換言してもいいと思います。

これはGoogleがいつも唱えているコンテンツ作成のEAT基準にもあってはまっているでしょう。それぞれExpertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)とTrustworthiness(信頼性)です。

ドメインでの訪問者の参与状況

これは上の「User Engagement」(ユーザーが実際にあなたのサイトでの参与状況のデータ)に該当しますね。実はコンテンツの質を含め、上の画像にある多く要素はこの点に直接的に関係しています。例えば、ウェブページの表示速度、構造化のテキストによる読みやすさ、SSLによる暗号化通信はあるかなどです。これらを改善することで、ユーザーの体験を向上させ、実際の参与程度を直接的に改善することができます。

恐らく検索エンジンがユーザーの行為を判断する全部の指標ではないですが、Google Analyticsを活用することで、直帰率、セッション時間などの指標でユーザーの参与程度の状況を詳しく把握できます。

その前、まずできるだけトラフィックを増やし、分析の依拠になるデータを多く集めましょう。

ドメインパワーの数値化:PR、DA、DR、Alexa Rank

ドメインパワーを高める方法を紹介する前に、ドメインパワーをチェックするための知識を見ていきましょう。ドメインパワーをより直感的に把握するために、数値化のメトリックを使うのは普通です。よく使われているものには、PR、DA、DR、Alexa Rankという4つのメトリックがあります。

ページランク(PR=Page Rank)

  • 策定側:Google
  • メトリックの形:0~10の数値スコア

PageRankとは、Googleの創業者であるラリー・ペイジとサーゲイ・ブリンがスタンフォード大学で開発したWebページをランキングするシステムです。Google最初の検索アルゴリズムの中の一つです。注意してほしいことはPRはドメインやページへの外部リンクの状況だけを計測します。

つまり、ページやドメインを指すリンクの量と質を分析することで、そのウェブページやドメインのパワー、重要性を測定する方法と言えます。

PageRankの数値をチェック可能なツールはとっくにGoogleによって廃止されましたが、検索アルゴリズムの一部としてGoogleは現在もPageRankを使用しています。元の仕組みは2006年以降実際に使用されなくなりました。現在のPageRankアルゴリズムは改良を経てはるかに複雑なものとなっています。

ドメインオーソリティー(DA=Domain Authority)

  • 策定側:Moz
  • メトリックの形:0~100の数値スコア

SEO競合分析ツールのMOZが策定したドメインパワーの評価指標・数値化メトリックです。直訳すると、ドメインの権威性となります。上のスクリーンショットから分かるようにドメインオーソリティ(DA)とは、「ルートドメインへのリンクや総リンク数」を含むいくつかの基準を通じて、ドメインのランクを1つのDAスコアとして推定するスコアです。このスコアは、ウェブサイトを比較したり、ウェブサイトの「ランキングの潜在能力」を提示することができます。

PageRankとは同じく、外部リンクの状況に着目してドメインパワーを数値化させるメトリックですが、歴史が長い上、ドメインパワーも割合に的確に伝えられるため、もっとも広範に使用されているものと言えます。

ドメインオーレイティング(DR=Domain Rating)

  • 策定側:Ahrefs
  • メトリックの形:0~100の数値スコア

DR=Domain Ratingは大人気なSEO分析ツールAhrefsが策定したドメインパワーの数値化メトリックです。PR、DAと同じようにドメインの外部リンクにのみ着目するメトリックです。DAとは同じく、現在ドメインパワーを把握するためによく使われるメトリックです。

Alexa Rank

  • 策定側:Amazon
  • メトリックの形:数字ランク

Amazon.comの子会社としてAlexaランクは、Webトラフィックデータを利用して最も人気のあるWebサイトをリストアップする世界的なランキングシステムです。公式サイトはAlexa.comです。

何百万ものウェブサイトを人気順でランク付けし、Alexaランクの数字が小さいほど、より人気です。この数字でウェブサイトやドメインは競合他社と比べてどうなのかを分析することに便利です。

ランクは、過去3ヶ月間の推定1日平均ユニークビジター数と推定ページビュー数の組み合わせにより算出されます。

ランキングシステムのデータは、同社の「グローバル・データ・パネル」から提供されたトラフィックを基にしています。

Alexaランクの正確性を気になってAlexaとGoogle Analyticsを比較して、Alexaは正確ではないという結論に至った人もいますが、サードパーティーのシステムの共通問題です。ドメインパワー判断の参照にするのは十分です。

残念なことは、Alexaランクの公式サイトAlexa.comは2022年5月1日から閉鎖となる予定です。この時点でAlexa Rankはすでに25年の歴史を持っています。あとはAlexa Rank自体は生き残るかはまだ不明です。

PR、DA、DR、Alexa Rankなどでは、どっちがおすすめ?

どのドメインパワーの数値化メトリックを利用するのはおすすめというと、まずPRやAlexa Rankのようなやや立ち遅れたメトリックが非推奨です。そして任意のメトリックを使用すればいいです。要点は複数のドメインのパワーを比較する際は一つの指標を基準に固めることです。

また、DAやDRのような0~100のスコアの形はより流行っています。上記の人気メトリックに加え、たくさんの国産ツールと、SEO競合調査ツールの大手ブランドSEMRushなどもこのスコア形を取ってドメインパワーを提示しています。ドメインのAuthority Scoreと名付けています。

いずれにせよ、数値化データはドメインパワーそのものではないことをご注意ください

いずれの数値化の指標にしても、あくまでも策定側自身が積んできたSEOノウハウとデータに基づいて作られたものです。SEOノウハウが豊富なブランドであればあるほど、かなり精度でドメインパワーを提示できますが、いくらなんでもドメインパワーそのものではないことを心掛けましょう。

この差異は普通は大きくないですが、ときには見落としてはいけません。次は複数のサイトを立ち上げたことがある自分の経験談です。

例えば、ライターの企画力と文筆力、サイトのモードやデザイン、使用体感などの影響要素がほぼ変わらない条件で、同じ時点に立ち上げられたジャンルの違うサイトは、ランキングのキーワードの数や、トラフィックの成長速度は違いを示すことが多くあります。差異が現れる時点から、Googleがこれらのサイトへ異なる評価をしていることが言えると思います。つまり、ドメインパワーに差が出ます。単にDRやDAなら、この違いが観察できない場合が多くあります。

ドメインパワーを確認するツールおすすめ

Moz

  • 料金:完全無料でドメインパワーを確認可能
  • 確認メトリック:DA

DAを策定したMozの公式ツールです。完全無料でドメインパワーを確認できます。使い方も非常に簡単です。何の登録やログインも要りません。Mozの公式サイトを開いてから、上端の無料SEOツールから「Domain Analytics」を選びます。そして真ん中にある「Analyze Domain」の黄色のボタンをクリックします。

次に、調査対象となるドメインをボックスに入力してドメインを入力してボタンをクリックすればいいです。

Ahrefs

  • 料金:完全無料でドメインパワーを確認可能
  • 確認メトリック:DR

DRを策定したSEO競合解析ツールのAhrefsです。有償ツールとして、DRを含むAhrefsの全般的な機能を無料で使うなら、登録して無料トライアルを使うしかありませんが、DRだけを確認すればAhrefsの無料ツールは利用できます。

https://ahrefs.com/ja/website-authority-checker

対象ドメインを入力してから、ボタンをクリックすればいいです。

Linkgraphの無料DAチェッカー

  • 料金:完全無料でドメインパワーを確認可能
  • 確認メトリック:DA

一度に複数のサイトをチェックしたい場合は、Linkgraphの無料DAチェッカーが最適なオプションかもしれません。このツールでは、一度に最大10のURLのDAとスパム程度をチェックすることができます。

使い方も非常に簡単です。Gmailで登録していくつかかんな質問を答えてから、このツールが完全無料で利用できるようになります。一行ずつドメイン入力してから、紫色のボタンをクリックすればいいです。

Keywords Everywhere

  • 料金:完全無料でドメインパワーを確認可能
  • 確認メトリック:DA

Keywords Everywhereはブラウザ拡張機能として、検索をするときSERPの下に付いている形でそのドメインのDAを提示します。ドメインパワー調査の機能は完全無料無料です。

パワーランクチェックツール

  • 料金:一部無料でドメインパワーを確認可能
  • 確認メトリック:不明

パワーランクチェックツールは国産ツールです。DAとDRなどどっちのメトリックを使っているのは不明で、もしくはドメインパワー自分でルールを策定したかもしれません。結果から見るとDAやDRの数値とはかけ離れていません。無料で利用できるのは1日一回しかありません。

SEMRush

  • 料金:完全無料でドメインパワーを確認可能
  • 確認メトリック:Authority Score

完全無料でドメインパワーを確認できます。使用のメトリックがSEMRush自ら策定したAuthority Scoreで、被リンクに加えてドメインのトラフィックなども考慮に入れていますが、同じドメインを調べる際、DAやDRと比べると常に数値のずれが大きいです。とくに中等規模のサイトに対してです。なのでDAやDRほど流行っていないみたいです。

無料で使用する方法にはコツがあります。毎回SEMRushにアクセスすると、情報を提供が請求されますが、そのときは無視できます。左上にあるSEMRushをクリックすれば直接的にツールのメイン画面に入ります。無料でアクセスできる機能は限られていますが、ドメインパワーは完全無料で確認できます。

SimilarWeb

  • 料金:完全無料でドメインパワーを確認可能
  • 確認メトリック:ドメインのランク付け

SimilarWebも大手なSEO競合解析ブランドです。その強力な産業調査機能と高騰な料金で有名です。このツールを使ってドメインパワーを完全無料で調査することも可能です。数値化のメトリックはAlexa Rankみたいなドメインのランク付けです。100点満点のスコアよりそんなに直感ではないと思います。公式サイトにアクセスしてからドメインを入力すればランク付けをチェックできます。また完全無料なブラウザ拡張機能も提供されています。

ドメインパワーを高める方法と中古ドメインの購入

ドメインパワーを高める方法は基本的に前で述べたドメインパワーを影響する要素で頑張るといいです。ここでもう一回まとめます。

  • 持続的にコンテンツを更新、ドメインの期間を伸ばします。
  • しっかりとしたコンテンツを作ります。
  • 良質な被リンクをゲットします。
  • トラフィックを集めてから、ユーザーの参与程度を改善します。

とにかく、ドメインパワーの育成は辛抱強さと時間が必要不可欠です。こんな過程にエネルギーを費やしたくないなら、ドメインパワーがすでに積んできた中古ドメインを購入することも一手ですね。

これについても色んな注意事項があります。この記事では割愛させていただきます。

ドメインパワーまとめ

ドメインパワーは、複雑に見えるかもしれません。多くの要素がランキングに寄与しており、それらをすべて分析するのは大変なことのように思えるかもしれません。これをできるだけ正確に把握するために、DAとDRという二つのメトリックを使用するのはおすすめですが、数値化のメトリックは実際のドメインパワーそのものではないことをご注意ください。

ドメインパワーパワーを高めるために、しっかりとしたコンテンツを書く、持続的にサイトを更新、良質な被リンクを取得、ひいてはパワーつきの中古ドメインを購入することなどの面で頑張りましょう。